新卒でうつ病になって3日で退職

新卒でうつ病になって3日で退職したあせんと(社会不適合者)の雑記ブログです

生きる意味とは、自分で作り出すものだと思った話。

どうも。

あせんとです。

 

ヒトが生きる意味って何でしょうか。

 

f:id:asentesuto8422:20170605171350p:plain

 

おそらく多くの哲学者や心理学者、それから精神科医の方々が取り組んできた問題だと思います。

 

哲学が生まれてからゆうに2000年以上たっているわけですが、いまだこの問題を解決できる哲学は生まれていません。

それもそのはず、万人に共通する生きる意味などないからです。

 

私はうつを患っているうつ病患者です。

うつのおかげで人生に深く絶望し、自分に価値などない、生きる意味などないのだと頭の中で呪文のように繰り返してきました。

 

「仕事のできない自分に価値などない」

 

「誰かの役に立てない自分に生きる意味などない」

 

「社会にとってお荷物である自分は死んだほうがいい」

 

「死にたい死にたい死にたい」

 

この様なことを毎日毎日考え、自殺企図まで企てました。

死ぬ寸前だったのです。

 

かの有名なアルフレッド・アドラーは「人間には存在しているだけで価値がある」と言いました。

しかし、その言葉すら自分にとっては救いにはならず、生きる重圧をかける言葉として自分の身にのしかかってきました。

 

僕は生きることが素晴らしいことだとは思いません。

生きるだけでとても苦しい思いをしている人だってごまんといるわけです。

 

悲観論的に聞こえるかもしれませんが、それが僕にとっての現実です。

生きることは辛く、苦しいものであるという側面があります。

 

多面的にとらえるならば、人生は楽しいことの連続ではありません。

辛いこと、悲しいこと、苦しいことだって誰にでも確実に訪れます。

 

それでは、人は何のために生きるのか?

 

それは、僕は生きる意味を見つけるためだと思います。

ヴィクトール・フランクルに言わせれば、僕たちは『生きる意味を人生から問われている存在』なのだそうです。

 

ともすれば、僕たちは生きる意味を社会に求めがちです。

大きな仕事を成し遂げることは確かに社会にとって有用でしょう。

 

AppleFacebookAmazonなどの会社は社会に大きく貢献しています。

 

しかし、僕たちの『社会』というのはもっと小さいところから始まります。

 

『わたしとあなた』から始まります。

 

わたしはあなたに何ができるか? どんなことで貢献できるのか?

それは物理的なものなのか? 精神的なものなのか?

 

人生の意味とは、生きる意味とは、そんな小さなところから始まるのです。

 

かつての僕のように生きる価値などないと思っている人がいたとしたら、僕はそんなあなたにこそ、一度立ち止まって考えて欲しいと思います。

 

生きる意味は自分で作り出すもの。

運命は与えられるものではなく、切り開くものなのです。

 

これは空想論でも理想論でもありません。

厳然と立ちふさがる、厳しい現実です。

 

もし生きる意味に迷う人がいるとしたら、まずはあなたの身近な人に何ができるのか、それを考えて欲しいと思います。

 

小さなことでいいんです。

 

きちんと挨拶をするだとか、家族のために家の手伝いをするだとか、近所のスーパーの店員さんに優しく接するだとか。

 

何でもいいんです。

 

それがあなたの生きる意味になります。社会貢献になります。

 

小さなことから始めましょう。

僕たちにはそれができます。

 

 

 

・・・っていう自分へ返ってくるブーメラン記事を書いてみたんですが、どうですかね。

「あー。まーたお説教垂れた痛々しい記事書くやつが出てきたか」とか思ったそこのあなた。正解です。ごめんなさい。

 

なーんか、たまにこういう記事書きたくなるんですよね。

中二病卒業できてないんでしょうか。

 

「僕たちにはそれができます(キリッ)」とか後で見返してみたら「ちょwww僕こんな記事書いてんのかよwwwテラ痛スwww」って確実になるやつですよね。

 

文章上手い人とかだったら、同じテーマでもスッと腑に落ちるような書き方とかできるようになるのかなぁ。

 

求)文章力 出)僕の愛

 

それでは。