新卒でうつ病になって3日で退職

新卒でうつ病になって3日で退職したあせんと(社会不適合者)の雑記ブログです

自己表現って「芸術」に限らず色んな方法があるよねと思った話

どうも。

あせんとです。

 

「自己表現」っていうと、なんか芸術作品でも作らなきゃいけないのかなだとか、高尚なものであるべきなんじゃないのかなだとかいう先入観があるかもしれませんが、全然そんなことないよねと思った話。

 

f:id:asentesuto8422:20170606162202j:plain

 

たとえば、僕が今書いている記事だって全然「自己表現」になりえるし、そのへんのサラリーマンだって日々自己表現をしていますよね。

 

帰りの満員電車で駅員に怒鳴り散らす乗客が少し前に話題になりましたが、あれだって立派な自己表現。(良い悪いはさておき)

 

世の中を俯瞰してみると、いろいろな自己表現にあふれているなぁと思った次第です。

 

というのも、僕が通っていた学校は美術系の学校というだけあって、「芸術作品でいかに自己表現をするか」というのが至上命題となっていました。

 

作品に制作者の思いをのせる。

 

そこだけ切りとると、さも素晴らしいことをやっているように聞こえますが、やっていることは結局のところ自己満足です。オナニーです。

 

僕の同級生や、担当してくれた先生でも「作品は自己表現のためにある!」「自己表現こそが作品の全てだ!」とかいう人がたくさんいました。

 

御多分に漏れず、僕も「そうなのか。じゃあ僕も頑張って作品で自己表現してみよう!」とかやってみるわけですが。

 

作品を作っていてしばらくすると、いや、作品に自分を投影するのって嫌でもされるんじゃね?

と思い至るわけです。大なり小なりね。

 

そもそも「自己」から発信しているから、それ以外のものが作品として世に出るわけはないんです。

そんなに過剰に意識しなくても、なんか作ったら「個性」なんていやでも出てくるんですよ。

 

っていう論調で友人や先生たちにも話してみるのですが、いかんせん分かってもらえない。

 

「お前の作品は個性が足りてない!」「もっと自分を表現するんだ!」「個性が足りてないからそんなこと言えるんだ!」と。

 

 

うん。うるせーよ。

 

大きな御世話もいいところなのですが、若かりし頃の僕はそうした周囲に影響されて、美術史の勉強とかを始めてみるわけです。

 

 

ふむ。まったくわからん。

 

この作品には美術的価値が~とか、こういう表現は今までになくて~とか。

「え、それなんかすごいことなの?」という冷めた目で見る僕がいるわけなんですね。

 

友人Aはすっかり先生の言葉・作品に魅了されて芸術家の道を進むわけですが、僕はそんなに作品で自己表現にこだわる必要あるのかなぁと内心思っていたんです。

 

今思えば、進路間違えたのかも。

手に職つけようと思ってモノづくりの方向に進んだわけですが、まさか学校で自己表現至上主義者があんなにわんさかいるとは思っていなかったですからね。

 

僕からすれば、友達との何気ない会話とかも十分に自己表現たりえるし、家事をやっている主婦(夫)の方だって、家事という仕事を通して日々自己表現していると思うんですよ。

 

作品というものを高尚な産物にしたいという気持ちも分からないではないですが、それだけが自己表現だと言い切るのはちょっとなぁと思いますね。

まあ、作品でしか表現できない世界っていうのは少なからずあるんですけどね。

 

それでは。